ロジック

[FX初心者向け]FX自動売買システム(EA)ロジックの特徴・メリット・デメリットについて

MT4裁量ツール史の傑作。試用可。決済を自動化して安全を確保するMT4裁量ツール史の傑作。試用可。決済を自動化して安全を確保する | GogoJungle

引用元:https://www.photock.jp/detail/exchange/5700/

今回はFX自動売買システム(EA)の代表的な「ナンピンマーチンゲール」「スキャルピング」「トレンドフォロー」の3つのロジックについてご紹介していきます。

FX自動売買システム(EA)は文字通り、取引を自動でエントリーから決済まで一貫しておこなってくれるツールです。FXに興味があるけれど、何からはじめたらいいかわからない。そんな初心者におすすめの手法となっています。

しかし上記の3つのロジックはそれぞれ異なった特徴やメリット・デメリットがあります。資金に余裕がある人、小資金から始めたい人、ハイリスク・ハイリターンを好む人、安定して資産を築きたい人で選択すべきEAが変わってきます。

選択するEAによって稼げる稼げないかまで変わってきますので、FX初心者やFX自動売買システム(EA)の導入を検討している人にとって最低限覚えておいて損がない知識です。

それでは、FX自動売買システム(EA)「ナンピンマーチンゲール」「スキャルピング」「トレンドフォロー」のロジックやそれぞれの特徴について解説していきます。

ナンピンマーチンゲールEAとは?

ナンピンマーチンゲールEAは今回紹介するFX自動売買システムでもっともハイリスク・ハイリターンな手法です。ナンピンマーチンゲールとはなんぞや?と思う方にナンピンマーチンゲールについて解説していきます。

「ナンピン」と「マーチンゲール」の分かれた手法を組み合わせたのがナンピンマーチンゲールです。

ナンピンとは?

ナンピンとは相場が予想と反対の動きをした場合にポジションを増やすことです。

例えば、1ドル110円のときに買いでポジションを持ったのに対し、1ドル100円まで相場が下落してしまったとしましょう。ナンピンの手法は1ドル100円になったときに、さらにここで追加で買いをいれます。

すると、下記の計算が成り立ちます。

初回:1ドル110円を100ドル購入 1ドル110円×100ドル=11000円

2回目:1ドル100円を100ドル購入 1ドル100円×100ドル=10000円

合計購入金額21000円

2回100ドルずつ買いを入れているので、21000円÷200ドル=105ドルとなり、損失分岐点が105円まで下がりましたね。

追加で買いをいれなければ損益分岐点は110円のままでしたが、ナンピン買い(価格が下がった状態)をしたことで損益分岐点を下げることができました。

このようにナンピンとは平均購入単価を下げる手法です。

マーチンゲールとは?

マーチンゲールとは簡単にいえば賭け金を倍にすること。損失した分を一気に取り戻す目的として用いられている手法です。ギャンブルなどでよく使われる言葉ですがFXの世界でも使用されています。

ナンピンマーチンゲールはハイリスクハイリターン!

ここまで読みすすめてくれたならナンピンマーチンゲールがハイリスクハイリターンだといわれる所以(ゆえん)がわかっていただけたかと思います。

「ナンピン」=追加注文「マーチンゲール」=賭け金を2倍

ナンピンマーチンゲールとは、予想した相場と真逆に動いた場合、収益がプラスに転じるまで追加注文を倍にして繰り返していくといったものになります。

メリットは予想通りに相場が動いた場合はそのまま収益を上げることができ、マイナスに動いた場合でも一気に損失を取り戻すことができるということです。

デメリットは相場が下がり続けた場合は資金が一気になくなるという点でしょう。ナンピンマーチンゲールFX自動売買システム(EA)はこの機能を自動でおこなってくれるというもの。

いずれにせよ、それなりの資金力がなければ、すぐに強制ロスカットになる可能性が高く、初心者にはあまりおすすめできない手法です。

スキャルピングEAとは?

スキャルピングEAはそのままの意味で、トレードスタイルの一つであるスキャルピングをFX自動売買システム(EA)を使って取引する手法です。

スキャルピングとはFXトレードスタイルの中でもとりわけ、1回の取引時間が超短時間でおこなうものです。早い場合は取引から決済まで数十秒で終えてしまうこともあります。長引いてしまっても一時間程度の取引です。

スキャルピングEAの特徴やメリット・デメリットについて

ここではスキャルピングEAにはどんな特徴があり、どんなメリットやデメリットがあるのか紹介していきます。

スキャルピングは超短時間売買の取引になるため、一度の利益も少ないですが、損失も最小限に抑えられるのがスキャルピングの特徴・メリットです。そのため初心者におすすめといわれるFX自動売買システム(EA)は、スキャルピングEAがとても多いですね。

また、スキャルピングはドカンとマイナスに転じることが少ないためストレスを抱えにくいです。もちろん停止すべきアナウンスはきちんと遵守することが必須になります。

スキャルピングEAのデメリットはスプレッドコストがかさむことです。FXはエントリー(買い・売り注文)するたびに手数料がかかります。

スキャルピングは1日に平均すると3回程度エントリーすることになり、そのたびに手数料がかかってしまうので月や年間で計算するとスプレッドだけでもとてつもない費用がかかってしまうことも。きちんと資金管理を行いましょう。

トレンドフォローEAとは?

トレンドフォローEAとはFXの王道といわれるトレンドフォローの手法をFX自動売買システム(EA)を使ってトレードするものです。

なぜトレンドフォローが王道といわれているのか?それは相場の方向性を見極め、うまく流れに乗ることで利益を増やしていく手法だからです。年単位で安定的に収益を上げているプロトレーダーの多くはトレンドフォローを利用していることも王道といわれる理由なのかもしれませんね。

トレンドフォローEAの特徴やメリット・デメリット

トレンドフォローEAの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

まずはじめに確認しておきたいのが、トレンド相場が30%、レンジ相場が70%といわれています。

トレンドフォローは相場の30%で勝負していく手法です。トレンドフォローの一番のメリットとして一度トレンドにうまく乗ることができれば少ない取引でも大きな利益を得ることができるということ。

ただし、デメリットとしてトレンドフォローEAはレンジ相場が苦手です。どんなに優秀なFX自動売買システム(EA)でも結構な頻度で損失を出します。

初心者が最初にトレンドフォローのFX自動売買システム(EA)に手を出した場合、一度の利確は大きいけれど、あまりに勝率が低すぎてFX自動売買システム(EA)は悪だと思ってしまうわけです。

トレンドフォローEAは稼げない?

相場のほとんどがレンジなので勝率が低くなってしまうのは仕方ありません。ではトレンドフォローEAは稼げないのか?と思いますがそうでもありません。

バックテストを長期で重ね、このEAは信用できると確信できたら、あとはひたすらトレンドフォローEAを信じて運用すべきです。短期では損失も多いと思いますが年単位でみるとプラスに落ち着きます。

大切なのは、バックテストをきちんとおこなうこと。信用できるFX自動売買システム(EA)を見極めることの二つです。

初心者は信用できるEAで賢く稼ごう!

今回はFX初心者にわかりやすく、「ナンピンマーチンゲール」「スキャルピング」「トレンドフォロー」のFX自動売買システム(EA)についてご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?

初心者におすすめする手法は、

①スキャルピング

②トレンドフォロー

③ナンピンマーチンゲール

の順番です。

レバレッジを少なくしたり、少ない資金から始めればFXは特にこわいものでもありません。この機会にFX自動売買システム(EA)で取引をしてみてはいかがでしょうか?

なにかわからないことや困ったことがあれば、下のLINEから質問のほうを受け付けています。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

手間をかけない資産づくりとは?

あなたは手間をかけない資産形成に興味がありますか?
本業以外に資産をつくることができれば嬉しいですよね。
お金でお金を生むFX自動売買です。

忙しい日々の中で、新たに資産をつくるには手間をかけたくありませんよね。

FXは勉強して勝てるようになるまでに時間とお金を必要とすると言われていますが、プロのトレード技術が搭載されたAI自動売買ソフトを使うことで初心者でも直ぐに始めることができます。

しかも、一般的には有料で提供される自動売買ソフトを無料でずっと使用できるので、その分のお金を運用資金に回すことが可能です。

自動売買ソフトは、無料モニターの条件を満たせば、このブログから無料で提供しています。

詳細を知りたい方はこちら→FXの自動売買ソフト(無料)が月利34%~半年で自由人!

LINE「友だち追加」でFX自動売買ソフト(EA)をプレゼント中(^^) 詳細はこちら